模擬店イベント向けたこ焼き機を、全国対応でレンタルしています。

たこ焼きの作り方

ミックス粉1袋600gを付属のボールに入れて水2.4リットルと大きめの卵を4つ入れて良くかき混ぜます。(だまが出来ない様に完全にかき混ぜてください)。かき混ぜて生地ができたら、初心者は削り粉1袋と干しエビ1袋、青のりを半分くらい生地に入れてかき混ぜて下さい。かき混ぜ終ったら生地は完成です。

※削り粉と干しエビと青のりを生地に混ぜると焼いてる時に入れる必要がないからです。上級者はこの限りではありません。

花カツオと青のりは付属のやくみ入れに入れておいてください。生姜は付属の小さなザルで水を切って準備しておいてください。

※卵は必ず入れて下さい。卵を入れないとトロトロすぎて、はり付きやすくなるので作るのが難しくなります。

※私も(阿部武志)たこ焼きを焼くのは初心者なので、たこ鍋1つでレシピを解説しています。

【72個のたこ焼きを焼くのにお客様がご用意して頂く物】
  • キャノーラ油(銀だこ風に焼きたい方はご用意ください。)
  • マヨネーズ(約27g)
  • プロパンガス
  • 卵4個
1 たこ焼き作り方1

たこ焼き機の使用方法を良く読んでからガスの火を付けて火を中火にして、たこ鍋が十分に熱くなったら(イメージはたこ鍋から煙が出る1歩手前がベスト)「上州物産の焦げ付きを抑える専用離型オイル」(以下「専用オイル」) をまんべんなく敷いて下さい。

たこ鍋の全ての穴に油引きをグリグリと押し込む様に、タコ鍋の隅もきちんと「専用オイル」を引きます。(イメージはたこ鍋の底に5mm位「専用オイル」が溜まる感じ)ディスペンサーで油(キャノーラ油)を足してもOK。(油が少ないより多い方が失敗が少ないイメージはたこ焼きを焼くと言うより油で揚げる感じです。)

2 たこ焼き作り方2

たこ鍋に「専用オイル」を引いたら、完成している生地を粉次に移してたこ鍋に入れていきます。(2人で作る時は付属の計量カップを粉次の代わりにしてもOK)

この時に、たこ鍋の穴が全部隠れるまで入れずに穴の輪郭が少し解かる位にしておいた方が、具を入れるのに入れやすいです。

3 たこ焼き作り方3 最初にたこを穴に1個ずつ入れていきます。
4 たこ焼き作り方4 生姜をたこ穴の上に入れていきます。
(1袋はたこ焼き72個分です)
5 たこ焼き作り方5 天カスを入れます。
(1袋はたこ焼き72個分です)
6 たこ焼き作り方6

干しエビを入れます。(予め生地に入れて置いた場合は必要なし)
(1袋はたこ焼き72個分です)

7 たこ焼き作り方7

削り粉を入れます。(1袋はたこ焼き72個分です)
(予め生地に入れて置いた場合は必要なし)

8 たこ焼き作り方8

青のりを振りかけます。(1袋はたこ焼き72個分です) (予め生地に入れて置いた場合は必要なし)
全ての具を入れたら、たこ鍋の4角い縁から生地がこぼれない程度に生地を足します。

9 たこ焼き作り方9

こんな感じで中火で焼いていきます。

たこ焼き作り方(鉄板の火力目安) ガスの特性上火力は全て均一にはなりません。火力の目安としてください。風の影響で変わる場合がございます。
(手前がカス受けになります)

10 たこ焼き作り方10

焼いて行くと上から見てたこ穴の輪郭が浮き出てきます。その時に生地の横を写真の様にキリでめくって、たこ穴の部分が写真のように少し焼き色が付いた所で、キリでひっくり返します。
(2本使った方がひっくり返しやすいです。動画参考)

11 たこ焼き作り方11

ひっくり返す前に、全てのたこ焼きが同じ大きさになる様にキリでたこ穴の間の生地に立て、2本横5本の切れ目を入れていきます。
たこ穴の周りに同じ大きさの4角が出来る感じです(動画参考)

12 たこ焼き作り方12

生地に切れ目を入れたら、左下からひっくり返します。

13 たこ焼き作り方13

この時に真ん中の列は火力が弱いので、写真の様に両側から返します。

14 たこ焼き作り方14

3列全部ひっくり返した状態です。

15 たこ焼き作り方15

3列全部ひっくり返ったら、銀だこ風にする場合はディスペンサーで油(キャノーラ油)を継ぎ足します。
(動画参考)(関西風なら継ぎ足しません)

16 たこ焼き作り方16

たこ焼きの間にディスペンサーで油(キャノーラ油)を継ぎ足すと油でジュクジュクしてきます。

17 たこ焼き作り方17

たこ焼きの周りに出ている生地を、キリで回しながら整えて行きます。

18 たこ焼き作り方18

こんな感じです。油が足りない場合は随時継ぎ足してください。たこ焼きを焼くというより油で表面を揚げるイメージです。キャノーラ油なら脂っこくなりません。

19 たこ焼き作り方19

2本のキリでたこ焼きを回しながら焼いてください。(穴によって火力が違いますので、火力の強い部分から焼き上がります。火力の強弱の写真を参考にしてください)

20 たこ焼き作り方20

風の影響が無ければ普通は左の写真の部分から焼き上がります。

21 たこ焼き作り方21

火力の強い部分のたこ焼きが焼き上がったら火力の弱い部分のたこ焼きを 火力の強い部分に移して効率良く焼いて行きます。
写真の舟皿には8個まで乗せられます。

22 たこ焼き作り方22

1つのたこ鍋が18穴ですので8個ずつ舟に入れて行くと最後に2つ残った所です。

全てが焼き終わったらもう1度油を良く引いて焼き続けます。

※銀だこ風にするなら舟に入れる事をお勧めします。余分な油を吸収してくれるからです。

※焼き上がったらキャノーラ油を最初と同じ様にたこ鍋に引いてどんどん焼き続けます。

※ガスホースを踏んでしまうと火が消えてしまいますのでガスホースのとり回しはご注意ください

※たこ鍋は水洗いしてしまうと馴染んだ油が流れてしまいますので水洗い厳禁です。
汚れが気になる場合はキッチンペーパーなどで拭きとってください。

※たこ焼き72個が焼きあがる時間は何分ですか?
これは焼く人の技量や最初から最後まで中火で焼くか? 強火を使うか?中火にしても 強火に近い中火か弱火に近い中火か?によって時間が違ってきますが 目安として初心者が一回焼き上げるのに最初から最後まで中火で焼いて約30分くらいかかると思ってください。
ちなみに私(店主阿部武志)は一度に2面36個までしか焼けません。4面使う時は2人か3人で焼きます。
初心者が一人で4面焼くのは無理だと思ってください

焼き上がったたこ焼き ソースと青海苔とマヨネーズ ソースと青海苔とマヨネーズと花かつお
焼き上がったたこ焼き ソースと青海苔とマヨネーズ
をかけたたこ焼き
ソースと青海苔とマヨネーズと花かつお
をかけたたこ焼き
予約フォームはこちらをクリック ご質問・ご相談はお電話で!0120-65-7181